Home » TOP

TOP 

クリニック大手町

院長紹介

理事長・院長  渡 貞雄(わたり さだお)

  • 昭和42年 広島大学医学部卒
  • 昭和43年 広島大学整形外科教室入局
  • 昭和51年 広島市民病院整形外科勤務
  • 昭和55年 大内病院(現おおうち病院)勤務
  • 平成 7年 クリニック大手町 開設
  • 所属学会・資格等 医学博士・日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定リュウマチ医・スポーツ医・リハビリテーション医
  • 日本運動器科学会会員・広島県臨床整形外科医会顧問(会長・平成16~4年間)

これからの社会に対して求められることへの取り組み

世界一の長寿国日本においてこれから求められることは生活の質です。

日常生活の中で介護を必要としないで自立した生活が出来るまでの期間を健康寿命と言いますが、

平均寿命から健康寿命を引いた約10年前後の期間を限りなくゼロに近づけ、

介護保険のお世話になることを出来るだけ先延ばしにし、

老後の生活を楽しく、生き生きと過ごすことは誰もが望んでいることです。

その為には、若い頃から健康管理を心がけ、メタボリックシンドロームへの対策を怠らず、

生活習慣病にかからないようにすることが重要なことは言うまでもありません。

一方、高齢化に伴う足、腰の衰えへの対策も重要です。

運動器の衰えをカバーする為にロコモーショントレーニングを始めましょう!

メタボ同様にロコモティブシンドロームの認識も高め、両者への対策を怠らないことが充実した人生を送るための車の両輪と考えて下さい。

我々はその為のお手伝いをします。

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは?

骨、関節、筋肉などの運動器の動きが衰えると、暮らしの中の自立度が低下していき介護が必要となり、寝たきりになる可能性が高くなります。
運動器の障害の為に、要介護になる危険の高い状態がロコモティブシンドロームです。

(日本整形外科学会)

スタッフ

元気・長生き・運動器!

日本運動器科学会
スタッフ

リハビリ室からのメッセージ

リハビリでは日常生活において何らかの動作、姿勢、スポーツ活動、事故などが原因で発症した痛みに対して、

電気療法、温浴療法、リラックスマシン、マッサージ、鍼などで痛みの緩和を目指していきます。

またロコモティブシンドローム対策、筋力低下などに対して筋力トレーニング、ストレッチなども行ってきます。

筋力を強くしていくことで動きに余裕を作り豊かな毎日を過ごしていきましょう。

パソコンがもたらす現代病

現代社会においてパソコンは欠かせないものとなりましたが、

それに伴い長時間のパソコン作業による首や肩のこり、腰痛などで苦しむ方が増加しております。

当院ではそのような症状でお困りの方に対して、適切な診察とリハビリにより、

快適な生活を過ごしていただけるように治療をしております。

医療法人みずき会 クリニック大手町

Copyright(c) 2013 医療法人みずき会 クリニック大手町 All Rights Reserved.